当たるとは限らないからこそ逆に楽しいもの

占いというのは、言うまでもなく絶対に当たるわけではありません。
むしろ、1から100まで完全に的中することなど、まずあり得ないと言えるでしょう。
場合によっては、占いとは真逆の結果になることもあるでしょうし、全く違う展開になることも多いです。
そうなると、「占ってもらった意味がない」と思ってしまうかもしれません。
でも、よーく考えてみてください。
100%絶対に当たる占いなんて、逆につまらないでしょうし、何より怖くて占ってもらえないと思います。
占いの結果が自分の運命を決めるなんて、あまりに残酷なことだと言えます。
しかし、占いは当たることもあれば外れることもあるわけですから、だからこそ楽しく占ってもらうことができるのです。
「いいことがある」と言われて当たれば嬉しい気持ちになるでしょうし、「悪いことが起こる」と言われてそれが外れれば、ホッとした気持ちになると思います。
必ず当たるわけではないからこそ、あまり大きな不安を感じることなく占いを利用することができるのです。
もちろん、一切当たらないのも問題ですが、適度に当たって適度に外れるぐらいが、占いはちょうどいいと言えるでしょう。
あくまで占いは娯楽ですし、1番大事なことは楽しみながら占いに取り組むことですから、その気持ちを常に忘れないことが大切なのです。
それが、結果的に良い運命をもたらしてくれるのです。